歯医者さんの予約

歯の痛みは、ずきずきと断続的に続き、精神的にもまいってしまうことが多いです。
痛みを感じたら、一刻も早く治療してほしいものですよね。
でも、歯医者さんに通院する時、事前に予約を必要とすることがほとんどです。
予約を入れずに来院しても、受け入れてくれる場合もありますが、長く待たされることになります。
これは、すでに予約が入っている他の患者さんの治療の合間に診療を差し込むからです。
患者さんの治療の合間で、歯科医師の手が空くのを待つ必要があるということなのです。
予約制をとっている歯医者さんが多いのはなぜでしょうか。
歯科は医療機関の他の科と比べて、一人の医師が診察と治療を行う時間が長いという特徴があります。
例えば内科だったら、病気の診断した後、注射や点滴あるいは投薬で治療を行うことになります。
これが歯科の場合では、実際に医師が手を動かし、歯を削ったり消毒したりと、症状に合わせた治療を行います。
症状にもよりますが、30~90分ほどの治療時間を要します。
また治療によって、使用する器具が特殊な場合、医院で所有している数が少ない、あるいは1台しか無いといった場合もあります。
器具の使用の順番なども配慮して、バッティングしない様に歯科医院側で予約を調整しているわけなんですね。
一日に診療できる患者さんの数は決まってしまうので、予約で管理していくことが必要になります。
このような理由から、予約制を取り入れている医院が多いのです。

予約管理システムを導入している歯医者さん

レンタルスペースなどの場合、予約管理システムを使っていることが多く、ネットで何か月も先の予約を入れることができます。 歯医者さんでも、同様の予約管理システムを導入している場合、患者さんの方から、ネットやアプリで予約を入れることができるのです。

Copyright © 忙しい人の為に歯医者の予約が楽にできる方法. All Rights Reserved.

TOPへ戻る